官能小説の依頼

筆者はたびたびアダルトコンテンツの仕事をしているが、

書くほどに自分の表現力のなさや発想力の欠如に悩んでいる。

天は信じられないほど高くまであるというのに、

私のてっぺんはあまりにも低い。

今にも押しつぶされそうなほど迫ってくる。

実力のなさとか、余裕のなさとか、地頭のよさとか、

いろんなことを感じて自分が寒くなるのだ。


そんな思いに苛まれる日々を送る中、このほど舞い込んだ仕事に驚いた。

短編官能小説を書くというもの。

官能小説といっても、

出版物として出すほどのクオリティーが求められるものではない。

物語は0から作るわけだが、さて設定はどうするか、登場人物の年齢や仕事は?

出会いの場はどこにするか、シチュエーションは?など、

2500文字という短文に収めて1本の小説にするわけだ。


我々ライターの中では、2500文字というのは短い部類に入る。

その中で起承転結するのだから、

意外とこれってハードル高いよね?となるわけだ。

しかも、読み終えた後にムラムラするように締めくくるのもポイント。

う〜む、締め切りは30日。

サクッと書くしかないようだ。

よし、書こう。

〜Underground Investigator〜日本の裏を覗いてみた

普通の人に見えるけれど、実はみんな闇を抱えている。 そんな闇を覗き見るためには、自ら飛び込んでみるしか方法はない。 そんな闇社会に飛び込んで調査した記録である。

0コメント

  • 1000 / 1000