サクッと官能小説納品

あれこれ構成には悩んだが、わずか半日で官能小説の原稿納品が完了。

考え込むほど、分かりにくくなるんじゃないかと思ったから、

割と平易な文章で取り組んだ。

自分としては、70点くらい。

まぁ、2500文字に出会いから行為を終えてその後を綴るには、

ある程度省かなければならない部分が多い。


とはいえ、なかなか新鮮味のある仕事でよかった。

機会があれば、またやってみよう。


私の場合、ある仕事を引っかかりに、新企画の立ち上げ選抜メンバーとしてライター指名されることが多々ある。

ちょっと前まで安眠に関するサイトのコラムを書いていたのだが、

その会社にとって大きな仕事が舞い込んできたらしく、

私がご指名を受けたわけだ。

特にジャンルを絞り込まず、とりあえずいろいろやっていこーというのが、

私の仕事のスタンス。

今回依頼を受けることになったのは、温泉地など観光地に関する情報を発信するサイト。

全く未知の世界な上、これまでと違い、取材先への掲載許可・アンケート・許諾同意書の回収なども業務に含まれる。画像も拝借せねばならない。

何事もやってみなければわからんので、チャレンジするのみ。


とりあえず、サクッと官能小説の納品が終わってホッとした。


追記:休みが欲しい

〜Underground Investigator〜日本の裏を覗いてみた

普通の人に見えるけれど、実はみんな闇を抱えている。 そんな闇を覗き見るためには、自ら飛び込んでみるしか方法はない。 そんな闇社会に飛び込んで調査した記録である。

0コメント

  • 1000 / 1000